アパレル転売日記

転売のお役に立ちそうな情報を発信してまいります!^_^

売れている販売員から盗んだ売れる方法 中級編 その2

こんにちは

 

元販売員のどんちんです。

 

今日のコツはこちらです。

 

「お客様のスピードに合わせる」

 

です。

 

例えばですが、お客様一人一人歩くスピードが違います。

 

物事に取り組むスピードが早い方、遅い方、それぞれです。

 

商品を見て回る時にもお客様、一人一人スピードがあります。

 

極端にいうとゆっくりとじっくり見たい方、サクサクと早く見たい方にわかれます。

 

そのお客様と話していればわかると思います。

 

ゆっくり選ぶという方にはじっくり悩まれますから、ある程度、考えが煮詰まったらポンと背中を押してあげましょう。

 

サクサクと決める方には、とにかくスピードあるのみです。

 

お客様の探し物がわかればどんどん持っていきましょう。

 

大丈夫です。

 

お客様がこれは違う、これはいいと素早く判断してくれます。

 

僕も何回かそのようなお客様を接客させていただいたことがありますが、10分〜20分で10万以上決まる事が多いです。

 

お客様より早くすると置いていってしまいますし、お客様より遅いと置いていかれます。

 

お客様と話してうまくスピードを合わせて接客していきましょう。

売れている販売員から盗んだ売れる方法 番外編

こんにちは

 

元販売員のどんちんです。

 

思いついた記事があったのですが、コツに属さないので番外編として書きました。

 

そもそも皆様は接客した時にお客様の購買の決定率は何パーセントぐらいだと思いますか?

 

僕がいた店は平日はお客様が多くて10客のご入店でした。

 

地方の百貨店にいたのでそんなもんです。

 

少なかったら2〜3客の日もあります。

 

僕自身の決定率は30%〜40%でした。

 

今思うと、僕自身フリーのお客様の接客は不得意ではなかったと思いますが…

 

それでは売れているスタッフを見ると決定率は50〜60%ぐらいでした。

 

僕がみていると運の良さ、技術がありました。

 

その運の良さもうまくは言えないですが、その販売員特有の運の良さでした。

 

日々の行いや、性格などからのものだと思います。

 

運がいいだけだろと嫉妬するものとは別物でした。

 

もしかしたら運がいいと見せかけているのかもしれません。

 

とりあえず、絶対に売れるとかいう方法はないですね。

 

みんながみんな接客されるのは好きではないと思います。

 

むしろ接客されたくない人の方が多いと思います。

 

ただ、そのようなお客様にもうまく対応していかなければならないのが販売員ですから。

 

今回、言いたいのは接客の上手いスタッフでも接客はハズします。

 

教えてもらったのは


「接客は小さい確率の積み重ね。例えば笑顔でいることで買ってくださる確率が1%上がるかもしれないし、在庫を取りに行く時に駆け足で走ったりすることもそうだし、商品を大切に扱うこともそう。お客様のツボはどこかわからないから、ひたすらそこを探していく。接客中はお客様を常に観察しないといけない。」

 

と言われました。

 

深いなぁ、と思いました。

 

お客様にフラれる事を恐れずに頑張っていきましょう。

売れている販売員から盗んだ売れる方法 中級編 その1

こんにちは

 

元販売員のどんちんです。

 

そろそろ中級編に移っていこうと思います。

 

たまに初級編に戻るかもしれませんが引き続き宜しくお願い致します。

 

それでは今回のコツは

 

「自分の売れ筋を作る」

 

です。

 

販売員をしていると売るのが得意な商品が出てきます。

 

何かをきっかけに目覚めるんですよね。(笑)

 

そして売れ筋があると個人的に調子がノッテきます。

 

売れ筋になるのは個人的に好きな商品だったり、自分が買ってもいいと思う商品が多かったです。

 

自分の売れ筋ができれば自身が出ますし、他のスタッフに売り方を共有できます。

 

逆に言えば他のスタッフの得意な商品も共有できます。

 

得意な商品を売れば会社もフォローして追加を納品してくれるので、気にせずたくさん売っていきましょう!

売れている販売員から盗んだ売れる方法 初級編 その17

こんにちは

 

元販売員のどんちんです。

 

今回のコツはこちらです。

 

「少し大きな声、笑い声を出す」

 

です。

 

そもそも小さな声で話してもお客様には届きませんですしね。

 

ケースバイケースではありますが少し大きな声でハキハキ喋った方が好印象です。

 

そして笑い声も少し大きくする。

 

笑う門には福来るとも言いますし。

 

それによってお店に活気が出て他にもお客様が入店されるかもしれません。

 

 

売れている販売員から盗んだ売れる方法 初級編 その16

こんにちは

 

元販売員のどんちんです。

 

先日、DVDを借りてカイジ2を観ました。

 

原作を読んだことのある方ならご存知だと思いますが、カイジ2は主人公の伊藤カイジが裏カジノで沼パチンコと呼ばれる、玉1個が4000円という超破格のパチンコ台を打つという話です。

 

最終的に策略や運で勝つわけですがあのような話を見ていると胸が熱くなりますよね。

 

自分もせどりに一層熱が入ります。(笑)

 

ソーシャルネットワーク新宿スワン等の成り上がりの話に感化されてやる気が上がります。

 

どなたかオススメの漫画や映画があれば教えてくださいね。

 

話は戻りまして本日のコツは

 

「館、自社のイベントスケジュールは把握する」

 

です。

 

だいたいが2月に春物、4月に夏物、8月に秋物、10月に冬物が入荷して8月と1月にセールがあるのが一般的だと思います。

 

それに合わせてイベントを開催するブランドや館は多いと思います。

 

館のポイントアップフェアとか新作フェアです。

 

接客してお買い上げにつながらなかったお客様や顧客様にお伝えして、もう一度御来店いただくチャンスですよね。

 

顧客様であれば新作の情報は欲しいでしょうし、どなたもポイントはあればあるほど嬉しいです。

 

販売員がその情報をお客様に伝えお客様が得をすればそれだけお客様からの信用が得られます。

 

特に顧客様にはキャンペーン中に買ってもらえるようにお取り置きするのもありですし、新作もみてもらう為に商品を取り置いて、新作が出る日にご来店頂くのもありだと思います。

 

ですがその日の売り上げをたてないといけないのでその日に買ってもらうのか、キャンペーン中に買ってもらうのか難しいところではありますが。

 

とにかくお客様が得をするようにすればお客様は喜び、信用してくれるようになると思います。

 

お客様はこのブランドが好きだから買うという方もいらっしゃいますが、この販売員が好きだから買う方もいらっしゃいます。

 

お客様に好かれる販売員になりましょう。

売れている販売員から盗んだ売れる方法 初級編 その15

こんにちは

 

元販売員のどんちんです。

 

今日のコツです。

 

「とりあえず接客につく。」

 

です。

 

雰囲気により接客につきにくいお客様がいらっしゃるとします。

 

そのようなお客様でもとりあえずお話はしましょう。

 

会話がうまく弾まなければ距離を置いて見守りましょう。

 

もしお客様を放置し、他ごとして万引きに会う確率もゼロではありません。

 

そして1人で買い物をしたいお客様もいらっしゃいます。

 

接客されたくないお客様はしなくていいよ、と示してくださいます。

 

僕もそうです。

 

用があれば、お客様から話しかけるなり何かしらアクションがあるはずです。

 

もしかしたらポンとこれくださいと言われるかもしれません。

 

その場合はラッキーですよね(笑)

 

お客様を凝視してはいけません。

 

遠目でちらっと見るだけです。

 

さじ加減が難しいですけどね。

 

頑張っていきましょう。

売れるブランド! 転売情報

こんにちは

 

元販売員のどんちんです。

 

せどりをするのに特に重要になるのはブランドだと思います。

 

岡山を拠点にたくさん出店しているベクトルのサイトを覗くと、買取強化しているブランドがあります。

 

モンクレール
ナイキ
ヒステリックグラマー
ディーゼル
ポールスミス
レッドウィング
KAPITAL
porter

 

これは冬の時の情報ですが…

 

このブランドが買取強化しています。

 

皆さんチャンスです。

 

このブランドを転売したらプラスになるみたいです。(笑)

 

少なからずベクトルはこのブランドを買い取って利益になっているんですね。

 

このブランドでいらないものがある方は店に売らず、ヤフオクやメルカリ等で売ってしまいましょう!